サ・ル・パ と お気に入り!!

 今回ちょっと大作です。なんてったってタイトルがお気に入りですからね!
冷たい潮が上がってくる季節になるとワクワクしてきます。サルパや未知の生き物に会えるチャンス
が増えるから。さて、サルパってどんなものでしょう?色は透明、1つのセルの大きさは10cmくらい
の楕円形(?)、これがネックレスの様に幾つも連なって潮に乗ってクネクネ漂っています。
透明なので、一瞬、クラゲ?何かのタマゴ?と思いがちですが、原索動物で、ホヤに近い仲間です。 (興味のある方、山渓フィールドブックス8/ 海辺の生き物 等を御覧下さい。)
 確かに、近づいてよく見ると、入水孔と出水孔らしき物があるので”ホヤだなー”って思うのですけ
どね。パラオで見られる長いサルパはおそらくモモイロサルパなんじゃないかな?と思っています。
これを遠くから見つけると、”おっっ!”との喜びの声と共に、ゲストが呆然としている中、ダッシュ!
ダッシュ!(何故かとても惹かれてしまうんです。)私達が見られるサルパの長さは長いものでだいたい
2mぐらいですが、多分深場の生息域ではもっと長かったんだろうと思います。
と言うのも・・・・
 1つ1つの中には巻貝のようなぐるぐるとした赤い内臓があり、どうもこれが魚達の大好物らしく、
この真中だけ”あっ”という間に食べられてしまうんです。
(珍味なんでしょうかね。コーナーの棚の上だとアカモンガラが無我夢中になって食べています。)
 ですから長く漂ったサルパは透明なものだけになり、さらに長く漂っていると、1つ1つにわかれて
しまって見る影も無くなります。無念。こうなるとさすがにサルパには見えず、光らないちょっと大きい
ゲンジクラゲかな?ってな感じで同定不可能です。さて感触は・・・柔かそうに見えますが触ると意外
と堅くて、しっかりしています。
 話ついでにホヤの話をしましょう。ホヤって言ってもピンとこない方が多いかもしれませんね。
私の田舎、東北の宮城県では夏の時期、珍味や酒の肴としてホヤがわりと普通に食べられます。
私の大好物ですが、やはり新鮮な物のみ!生に限ります!!
癖があるので嫌いな人が多いのも確かです。
 こんな感じで子供の頃から慣れ親しんでいたホヤなので、ダイビングを始めて色んな種類のホヤを
見ることが出来て、その美しさ、かわいらしさに感動。 よく ”海のパイナップル” とか言われてる
食用のマボヤはあまりカラフルでは無く、(マボヤ君、失礼!)ちょっと毒々しい色、形だったのでとても嬉しかったのです。
 英語では"Sea squirt"  海の水鉄砲? 噴出物? 訳すと変な日本語です。でもその名の通
り、海水を取りいれたり、出したりする入水孔と出水孔が1つづつあります。ごくまれに外人さんに
”あれは何?” って聞かれますが、"Sea squirt" って答えても、スレートに書いても ”???” 
と言う顔をしています。まあ、日本人の方に ”ホヤです。” っていってもわかってもらえる方は少ないのですが…
 しかし、他の国のダイバーに比べ ”日本人のダイバーは本当によく魚の名前、生物の名前を
知っているなー”
 と感心してしまいます。図鑑も普通に本屋さんで売っているせいか、殆どの方が
何らかの図鑑を持っているのではないでしょうか?また日本のダイビング雑誌のよく出来ていること
ったら、他に類を見ないくらいだと思います。外人さんが日本人ダイバーがよく持っているダイビング
雑誌の付録の小冊子を見て、 ”これはいいわねー!絶対これだけで売れるわ!!”  と言っ
ています。水中地図は載っているし、潜り方も書いてあるし、しかも魚の写真付き。日本人って凝り
性かつ、気配り上手なんでしょうね。
 細やかな配慮といったら日本のお菓子類にもそれを見ることが出来ます。殆どの食品に乾燥剤が
入っているのは、日本だけらしく、あれは外人サンには衝撃らしいのです。
 パラオではたまに、カメラ用の乾燥剤欲しさにお菓子を買ってる人を見かけることが出来るので、
観察あれ!
話しを戻して、
日本人が魚に詳しい理由の一つとして、もう一つ、食文化にも影響されていると思うんですよね。
食べるから名前がある。食べるから知っている。知っているから馴染みの名前に近い物は覚えやす
いし、興味がわくのかな?と想像します。
 まず英語圏の人に”コマチコシオリエビって英語でなんて言うの?”と聞いても、大抵は”カニ”って
言う答えが返ってきますし、シロウミウシはウミウシ、クロナマコはナマコ、なんて具合で、ホヤなん
て知ってる人はいません。
 たまに、”ウミウシの刺身は美味いのか?”と聞かれるのですが、冗談とわかっていてもちょっと
気持ち悪いですよね。さてさて、また脱線しちゃいました。話を戻しましょう。
 ここパラオではきれいなホヤが結構見れます。ロブスタ、アンチンボヤ、フラヴァ、ムネボヤの
仲間等など、被写体にはもってこいだと思います。レックや、ワンダーチャネル等内の湾によく生息
していますが、アンチンボヤなどは壁付近であればどこでも見られます。あのオレンジとピンクの中
間ぐらいのなんとも言えない色具合がとても好きです。
   photo by K.Suda
ダイビング・チャツボボヤ  そして今一番興味深いのが、チャツボボヤです。
このチャツボボヤ、シャコガイ、珊瑚、タコクラゲなどと同じように
体の中に褐虫藻を共生させて光合成をしています。
通常チャツボボヤの大きさは1cmくらい、(右下写真)何個か固
まって群生しています。しかし、ウーロンチャネルのチャツボボヤ
ったら大変!大きい大きい!ゆうに7cm(写真左)を越えるもの
多数。同じチャツボボヤとは思えないほどです。
ダイビング・チャツボボヤふつうサイズ  形だってホヤ?って考えてしまうほどです。
暮らしやすいのでしょうね。ダイビングポイントでこの大きさを
見れると言ったら、ウーロンチャネルからかろうじてシアスコー
ナーまでの浅瀬なのです。(以前はゲロンインサイド、アウトサイド、
ジャーマンウォール等のチャネル付近に多く見られたのですが・・・)

 前はこの疑問を色々と分析していました。潮通しのよさ? チャネル系?シャコガイと生息域が似ている?太陽光?などなど。
でもやめました。(Photo by Miwa→)
と言うのもある図鑑ではこの2つを別のものと書いているものを見つけたからです。
大きいものを Didemnum molle
小さいものを Atriolum robustum
そしてよく混同されるとも書いてありました。
 ではでは・・・日本の図鑑ではどうなっているかと言いますとチャツボボヤと表記して、写真は1cm
サイズの方;(Atriolum robustum)を使い、学名[email protected] molle で載っています。混乱します
ね。パラオに住んでいる学者さんの本ではこの2つを一緒のものとしています。
 どちらが正しいのか?おそらく新しく分類されたんだろうと踏んでいます。これ以上は学者サンに任
せましょう!私はただただ、サルパ、ホヤの美しさにため息をもらす事とします。でも誰か詳しい方 がいたら教えて下さい。
ホーム

最近の海?

 パラオはオフシーズンに突入してしまった様で、お客さまの数がめっきり減ってしまった今日この頃・・・ 僕らは何をしているかっていいますと“ドルフィンズパシフィック”(以下DP)で、ビデオの撮
影サービス!
(もちろんショップの中の仕事もしてますよ) “なにそれ?”って思う方もいらっしゃるかもし
れませんので、ちょっと御説明を!(変な例えかもしれませんが)。
よくテーマパークのジェットコースター等でやっている
“いつのまにか写真を撮られていて、出口の販売サービスカウンターで気に入れば記念に
購入して下さい” 
ってやつのビデオ版と考えて下さい。
 てな訳で、ビデオの撮影が出来るスタッフの手が空いている時には、お客様がいれば、毎日の様
にDPへ出向いてビデオの撮影をしているのです。もちろんリクエストがあれば必ず出向きます。
(全スタッフが撮れる様にトレーニング中なのですが、大抵、僕か嫁さんが出向いています。)
 ちなみにビデオの販売価格は$30.00、DPオリジナルビデオ約10分の後ろに、当日撮影した
ビデオをダビングしてVHSテープでお渡ししています。 (御希望があれば、DVテープ渡しも可能です。)
ちなみに、ビデオ販売により得られた収益の一部はDPの運営費用として使われます。
 さて、宣伝はこれくらいにして本題へ!
前置きで書きましたが、お客さんがいないので最近ダイビングをしていません・・・
“じゃあ何でお題が最近の海なんだ” って声が上がるかもしれませんが、今回はDP施設内の事
についてです。
※ここから先はイルカの事は全く無視して書きますが、DPのプログラムやイルカがどうこうって訳ではありませんし、
僕がイルカを嫌いな訳でもありません。イルカをはじめとする水生哺乳類にはとても興味があります。
しかし、DPは僕達にとって仕事の場所でイルカはお客様の物って意識が強く働くため、 施設内でイルカと遊ぶって事はありません。(観察はしますが) 水中でいくらイルカが “遊んでくれよ” って体を摺り寄せてきても “無視!!” 逆に近すぎてビデオが撮れないので
 “僕じゃなくてお客さんはあっち!これじゃ撮れないだろ!” とビデオを撮りながらぼやく毎日なのです。
 “イルカとは遊べない、待ち時間が長い事がある、仕事だからしょうがない、でも何か楽しみが欲しい” って事で
始めたのが施設内の動生物(人間も含む)ウォッチングなのです。誤解の無いようにお願い致します・・・※
 DPの施設はネコマリンからボートで約5分程のロックアイランドの中にあり、浮き桟橋や外敵除け
の水中ネット、ロックアイランドの地形を上手く利用して造られています。ある意味大きなイケスみた
いな物なので、小魚や幼魚たちには格好の生活環境を提供してくれています。
 DPがオープンしてはや半年が過ぎました。
最近ではネットにかなりの藻がついてきたし、なんとハードコーラルまでついてきました。
これから先も色んな物が施設内で観察出来そうで楽しみにしている今日この頃です。
DPで是非見て頂きたい物といえば(しつこいですが、敢えてイルカは省きます)、 フローティングドックの
下に付いた沢山のソフトコーラルたち。ダイビングサイトで観察できる物よりきれいです。
不思議なのは、何故こんな短期間中にここまで成長したかって事????
DPのスタッフも僕らも同意見なのですが、フローティングドックに付いているので、生息する水深が
常に一定している。そのため常に太陽光線をふんだんに浴びているって事が、一つの理由として
挙げられるのではないかと思っています。専門知識のある方、推定される理由があれば教えて下
さい。
 その他にもクローズエンカウンタードック下に生息するナンヨウツバメウオたち、ギンガメアジの幼
魚の群れ、ヘコアユの群れ、水面付近ではサヨリやダツの幼魚、マンジュウイシモチ、ホソスジマン
ジュウイシモチの幼魚、砂地には元気に移動する巻貝やコノハミドリガイ、ウミウシ、ワニゴチ、マル
ソデカラッパなど見所沢山!
 変わった所ではミナミホタテウミヘビ、ツノダシの群れも見れてます。
(なんでこんな所でと思うかもしれませんが事実です)
 この施設内、小物好き、散策好きのダイバーにはたまらないポイントだと思います。
しかしながらここはDP:イルカの為の施設・・・、DPのスタッフにでもならない限り、施設内で自由気
ままにダイビングなんて事は・・・・・・・・・
そんなわけで、僕らはビデオ撮影の合間やドルフィンダイビング中のちょっとした時間を見つけて色んな物を観察しています。
 DP施設内で僕が変な動き、行動を取っていてもあまり気にしないで下さい。多分何かを探してい
るか観察している時だと思いますので、皆さんに実害が及ぶ事は無いと思います。
これからDPのプログラムに参加される方で、イルカ以外の物を観察する余裕のある方は
是非参考にして下さい。
以上、今回はこれまで!
P.S. 撮影したビデオの上映は、DPから戻り次第、 ネコマリンショップ内で行なっています。お時間のある方、興味の
ある方は是非ご覧になっていって下さい。たまに警戒心の強いお客様や、 不信感を抱くお客様もいらっしゃる様ですが
こちらから購入を勧めるようなことはしていませんので、安心して見ていって下さいね!

※2004年01月より、ドルフィンスイムがライフジャケット着用となっため、 撮影は全てプライベートビデオ撮影となり、 リクエストベースになりました。ご希望の方は早めにご予約ください。
※2007年11月より全ての撮影サービスはドルフィンズパシフィックに移行しました。
ホーム

パラオでオープンウォーター講習

お久し振りでございます。
忙しさにかまけ更新を怠っていたら3ヶ月もたってしまいました・・・
この話も、もっと早くアップする予定だったのですが・・・
今回のお題は“パラオでOW講習”です。
パラオでオープン???と思われる方も多いかもしれませんね。
しかし最近はパラオでダイビングのライセンスを取得する日本の方(ツーリスト)が多くなってきている
ようです。(贅沢というか、もったいないというか)
Neco Marine でライセンスを取得する日本の方はあまりいらっしゃいませんがね・・・。
昨年の12月、たまたま日本人を対象に2回ほどOW講習をやる機会に恵まれました。
これはその時のお話です。
 日本人相手にOWの講習なんて本当に久し振りだし、パラオでライセンスを取って頂く以上、
“ブルーコーナーで一人前に潜れるダイバーにしなければ”って意識も働いて講習には力が入りましたよ。ちなみにコースのスケジュールは、初日:学課、2日目:限定水域&OW1、3日目:限定水域及び、OW2&OW3、4日目:OW4&ファンダイブ!なかなか良いスケジューリングでしょ?
 初日の学課はおいといて、2日目、3日目でみっちりスキルトレーニングを終え、最終日のOW4
の開催場所は、ダイバーの憧れ“ブルーコーナー”!!! さらに2本目はニュードロップオフで
のファンダイビング。なんて贅沢な講習でしょう・・・、僕もこんなんでライセンス取りたかったよ。
もちろんお客さんは大満足、ダイビングスキルも上々!
 でも心配なのは、ちゃんと継続して潜ってくれるかどうかなのです。せっかく覚えたものも時間がたつに連れ忘れてしまいますからね。あとは最初に良い所で潜ってしまうとそのイメージが強すぎてパラオ以外では楽しくダイビングできなくなってしまうなんて事になると・・・それが心配。
 何故こんな講習のスケジュールを組めたか?それはケアするお客様がたったお一人だったからです。もちろん忙しい時期や、多くの講習生を抱えた場合にはこんなスケジュールは組めません。
皆さんも運だめししてみますか?
今回はこれにて終了!
ホーム

運命の出会い?

 久し振りの更新です! バケーションから戻りパラオでの活動再開です。
更新とは言っても、まだ海には出ていないので海の情報ではありません。
日本で再会した懐かしい?あの人についてです・・・
名前を出すと色々問題があるかもしれないので、イニシャルのみにしておきます。
たぶんわかる人にはわかるでしょう?
再会したあの人とは?
日本で活動していた時の同僚、パラオはSダイビングセンターにいた M.H君です。
(現在は日本の某ショップで活動しています)
“なんでこんな話しを?”と疑問に思う方もいるかもしれませんが、 信じられないほどの
偶然が重なって再会することが出来たからなのです。
 その日(9月初旬)、僕らは東京で営業活動をしている真っ最中。ラッシュの電車に揺られJR大崎
駅に到着して一休み、人ごみが掃けるのを待ち、改札脇の地図で行き先を確認しようとしていたとこ
ろでした。(田舎者なので東京の地理には弱いし、人ごみも怖い・・・)
 通路の隅で地図を見に行くタイミングを見計らっていると、人ごみの中から
“なーにやってんですかー?”との声と共に近づいてくる人影。
“こんな所に知り合いがいるわけが無い!”と思っていたので、チラッと見ただけで、後は無視
していると、さらに僕らを目指して近づいてくる???パラオでは結構変なおじさんが、25セントくれ
だ、タバコ持ってるかなんて、街中で近づいてくるので、その系統の人かなと思い改めて見ると、そ
こには前述したM.H君の姿が!!!!
 最初は偏見を持ってみていたせいで、彼の着ている服が汚れてボロボロのように見え、いかにも
それ系の人に見えてしまっていたのです。彼の名誉の為に書きますが、けして汚い格好をしていた
わけではありません。(グレーのトレーナーとジーンズ姿でした。)
 偶然の再会に驚き、話しが盛り上がり、 “ここでなにしてんの?”って話題になった訳です。
僕らは営業活動、彼は国家試験の願書を取りに行き、お店に向かうところだというのです。
 彼の通常の通勤経路とはまったく別の駅で再会するなんて、すごい偶然だと思いませんか?
しかも東京ですよ!僕らが訪問する営業先もなかなか連絡が付かず、ようやく予定が組めた所なんです。なにか運命的なものを感じましたね!
まあこれで済んでいればスゴイ偶然だねってことで終わるのですが、まだ続きがあるのです。
 僕らの、“願書は何処でもらえるの?” って質問に、彼はおもむろにバックの中から封筒を取りだ
して、裏に印刷してある案内図を見始めたのです。 (彼も元は東京の人間じゃないので、地理にはうとい!)
“ここから歩いて15分位ですね”
“結構遠いんだね”
なんて話しをしながらみんなで地図を見ていると、
何かがおかしい?????
案内図に記載されている目印になる物が大崎の物とは違う?????

小川2号が最初に気付き、改めて案内図を見ると・・・・・・
案内図に記載されている駅“JR大塚駅”、 けどここは“JR大崎駅”?????
 彼はとんでもない勘違いをしていたんですね。けれど彼のこの勘違いが無ければ僕らは再会することは出来ませんでした。大塚駅は、彼が住んでいる場所から近い所なのに、山手線を約半周して、大崎まで僕らに会いに来てくれたのです! ありがたいことです。
 こんな再会を果たした僕らは、別れ際に “また何処かで必ず会えるね”と言葉を交わし別れました。 次は何処でどんな風に会うことやら、本当に楽しみです。
その後、彼とは連絡を取っていないので、願書を手に入れることが出来たのか?
お店の開店時間に間に合ったのか?未だ不明です。
M.H君が誰か判った人は、彼に直接聞いてみてください。
M.H君ありがとう! 楽しい時間を過ごさせてもらいました。
以上、日本で体験した不思議な出来事でした。   
ホーム

パラオライフ・リポート

■ モビーズのボートコート
■ クジラまた。
■ 能天気なパラオ
■ パラオ人とちょっと面白い話
■ マンタの腸洗い・画像!
■ マンタに観察された!?
■ ベイビーラッシュ!
■ ハシナガイルカと水中遭遇!
■ くじら♪
■ カパカパ?パカパカ?
■ クロマグロと魚の値段
■ ジュゴンに会えた!!
■ 棒刺し名人
■ エピソンカップ

■ やしの木の小さな話   
■ トンボなのに蜂柄
■ 網タイツ
■ タケ・タケ・竹
■ 彩雲
■ 迫力!
■ 岩をも削る食いしん坊!
■ 食べてる!
■ あの鯨の行方が…
■ ワニ出たっ!
■ 新記録!
■ なんだこれ???
■ ヤマアラシエイ!
■ 震える壁画
■ 世界旅行博
■ 社長の釣りログ
■ 正しいビーチはどこ?
■ 夕日の話と日本とパラオ
■ 知りませんか?
■ マーブル模様
■ 傷だらけの背中
■ ヤシガニの採り方
■ 
■ ちょっと辛口?
■ 南国パラオの寒いアドバイス
■ ついてるそれとも・・・
■ 縁は奇なもの
■ ちょっと痛い話
■ パラオのふつう
■ デムール号の行方
■ パラオは凄かった!
■ サルパとお気に入り!
■ 最近の海?
■ パラオでOW講習
■ 運命の出会い?
■ ビギナーズラック?U
■ レックダイビングについてU
■ ある1つの疑問から...
■ 最近のお気に入り!
■ ビギナーズラック?
■ レックダイビングについて
■ ドリフトスノーケリングツアー
■ 初体験クジラと泳ぐ