パラオのダイビング・オプショナルツアーはネコマリンで。1984年にオープン以来、ダイビングをはじめパラオのオプショナルツアーのトータルケアを展開しています。 2004年にはショップもリニューアルしてマリーナ、プール、レストランも充実。世界遺産のパラオでラグジュアリーな時間をお楽しみください。
海へ!ジャングルへ♪
 
ホーム

ジャングル・ジャングル♪

コロール島からボートで約10分、ゲルックタベル島の頂上にはドイツ統治時代に建てられた灯台があります。 灯台までの道のりには日本統治時代に建てられた兵士の為の施設跡や鍾乳洞や砲弾などを見ることが出来ます。 道の幅は4mくらい。狭い場所では、1mにも満たない場所があります。 そんな狭い山道で、どうやって大砲を頂上まで持っていったのか? 資材の運搬には何を使ったのか・・・。 山道に無造作に砲身が置かれていたりと驚くことばかりです。 戦跡ばかりではありません。パラオでは殆ど聞く事の少ないセミの声や、野鳥のさえずり、 かわいらしい(?)トカゲなど観察することが出来ます。
クロックス、サンダル、マリンブーツにてご参加ください。
カヤック、スノーケリングツアー、ドルフィンプログラムとの組合せ、詳細はお問合せを。


ジャングルへ

桟橋から数分でこの風景。
パラオのオプショナルツアー・ジャングル探索 パラオのオプショナルツアー・ジャングル探索

脇道を少し進むと迫力の鍾乳洞入り口。
パラオのダイビングとオプショナルツアー・ジャングル探索
中央の小さく映っているのは人。壁のロープのようなものは、木の根。

数々の遺品。
パラオのオプショナルツアー・ジャングル探索 パラオのオプショナルツアー・ジャングル探索 パラオのオプショナルツアー・ジャングル探索

宿舎跡。 頂上に近づくにつれ緑が濃くなります。
パラオのオプショナルツアー・ジャングル探索 パラオのオプショナルツアー・ジャングル探索
本家アメリカ、サバイバーの撮影(2004年)の一部はここで行われました。

このジャングルは定期的に整備されたりはしていないため、歩けないほど荒れているときもあります。
事前にお問合せください。