2006年12月14日午前中、カメラのセッティングをしていると、ドルフィンのパラオ人スタッフと、
ネコマリンのボートオペレーターのパラオ人がせわしなく、そして、生き生きとして動き出したんです。
桟橋の上から見張るパラオ人2人に、網を持って水中を探し回るパラオ人スタッフ。
5分くらい水中で追いかけっこの後、素潜りして浮上してきたビリーの手の中には網は無く・・・
それがこの写真です。すごく楽しそうで、うれしそうじゃないですか。
パラオのトピック・イリエワニ
わにです。イリエワニ!子供とは言えちょっと大きめ。 そりゃ、大人のワニは体長3mくらいで、それに比べたら小さいけど、ワニはワニ。
ここの桟橋で囲った場所には、イルカがいたんですね。 それでスタッフみんなあわてて捕り物となったわけですが、あまりにも楽しそう。 どうも野生の血が騒ぐらしく、いつもの穏やかなビリーとはまた違った一面を見ました。
パラオのトピック・イリエワニ パラオのトピック・イリエワニ パラオのトピック・イリエワニ
ご機嫌なので、記念撮影タイム。
パラオのトピック・イリエワニ パラオのトピック・イリエワニ
協力して引き上げて、口を縛って(運ぶのに危険なので)、ちょっと観察しました。 ワニって意外と、柔らかいんですよ。少し驚きました。もっとバリバリしてるものかと思いきや、 ヤモリみたいな感じでした。このあと、きちんと安全な場所でリリースしたそうです。ワニ君もお疲れ様でした。
おっと!忘れるところでした。
パラオのトピック・イリエワニ
ビリーの名言 :
”俺がワニを捕まえることと、君たちが買い物することは同じようなことさ!”
”・・・・・・・”
体のわりに大きな尻尾は本当に強力な武器になるそうです。パラオ人曰く
”尻尾で獲物をおなか側に蹴り寄せて、パクッと食べる”そうです。(体はCの形になる)
効率のいい攻撃だなぁって感心、感心。
パラオライフ・リポート

■ モビーズのボートコート
■ クジラまた。
■ 能天気なパラオ
■ パラオ人とちょっと面白い話
■ マンタの腸洗い・画像!
■ マンタに観察された!?
■ ベイビーラッシュ!
■ ハシナガイルカと水中遭遇!
■ くじら♪
■ カパカパ?パカパカ?
■ クロマグロと魚の値段
■ ジュゴンに会えた!!
■ 棒刺し名人
■ エピソンカップ

■ やしの木の小さな話   
■ トンボなのに蜂柄
■ 網タイツ
■ タケ・タケ・竹
■ 彩雲
■ 迫力!
■ 岩をも削る食いしん坊!
■ 食べてる!
■ あの鯨の行方が…
■ ワニ出たっ!
■ 新記録!
■ なんだこれ???
■ ヤマアラシエイ!
■ 震える壁画
■ 世界旅行博
■ 社長の釣りログ
■ 正しいビーチはどこ?
■ 夕日の話と日本とパラオ
■ 知りませんか?
■ マーブル模様
■ 傷だらけの背中
■ ヤシガニの採り方
■ 
■ ちょっと辛口?
■ 南国パラオの寒いアドバイス
■ ついてるそれとも・・・
■ 縁は奇なもの
■ ちょっと痛い話
■ パラオのふつう
■ デムール号の行方
■ パラオは凄かった!
■ サルパとお気に入り!
■ 最近の海?
■ パラオでOW講習
■ 運命の出会い?
■ ビギナーズラック?U
■ レックダイビングについてU
■ ある1つの疑問から...
■ 最近のお気に入り!
■ ビギナーズラック?
■ レックダイビングについて
■ ドリフトスノーケリングツアー
■ 初体験クジラと泳ぐ